とうきょうこまごめみょうぎじんじゃ

東京駒込妙義神社

東京都豊島区駒込3-16-16

東京駒込妙義神社は、豊島区内では最古の神社。

最初に江戸城を築いた室町時代後期の武将・太田道灌は1471年5月、足利成氏との戦に出陣する際に参詣し、戦勝を祈願した。
その後も道灌は、1477年、平塚城を拠点とし、関東管領上杉家に反旗を翻した豊島勘解由左衛門を討伐する際や(長尾景春の乱)、1479年、室町幕府に造反した千葉孝胤を攻める際にも必勝祈願しに参詣し、見事勝利を収めた。
この様なことから、当時から「勝負の神様」「戦勝の宮」と呼ばれ、人々よりあつい信仰を集めた。
当時、境内には稲荷山という小高い山があり、道灌は稲荷山に立ち、豊島氏の平塚城を望みながら戦略を考えたのではといわれている。

概要

住所

東京都豊島区駒込3-16-16

拝観、営業時間等 特になし
料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

JR山手線 駒込駅(北口)より徒歩4分
東京メトロ 駒込駅より徒歩3分

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

東京駒込妙義神社へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く