パワースポットガイド

パワースポットといっても、人によって目的は様々です。
また場所によっては観光地であったり、神聖視されているところもあります。
自分のご利益だけを考えるのではなく、他の方に迷惑をかけないためにも基本的なマナーをおさえておきましょう。

寺社仏閣を訪れる際

神社やお寺のスポットに行く場合は、参拝のマナーに気をつけることが重要です。
パワーだけを求めていくのではなく、その場所には本来の伝統や、歴史、信仰があり敬意をもって訪れましょう。(公式ホームページや現地に歴史や由来について掲載されています)
参拝の方法については、地域、神社やお寺によって異なる場合がありますので現地に掲示されているものを見る、または公式ホームページで事前に調べておくとよいでしょう。

参拝の流れ(神社)

  1. 鳥居の前で一礼してから、参道の端を歩いて境内に入る
    参道の真ん中は「正道(せいちゅう)」と呼ばれ、神様の通り道となっています。必ず端を歩きましょう。

  2. 手水舎で手・口を清める
    「心身の浄化」のために行うことが最も大切です。

  3. 拝殿の前で45度の礼をし、お賽銭を静かに入れる

  4. 鈴を鳴らし、2回90度のお辞儀をする(二拝)

  5. 胸の高さで手を合わせ、右手を少し下げて2回柏手を打つ(二拍手)

  6. 指先を揃え、最後にもう1回90度のお辞儀をする(一拝)

  7. 神社を後にする際、鳥居の前で本殿に向かって一礼する

参拝の流れ(寺院)

  1. 山門の前で合掌して一礼し、右足から入る
    入る際は、敷居は踏まないようにしましょう。

  2. 手水舎で手・口を清める
    手水の手順は神社と同様です。

  3. 梵鐘をつく
    一般の方が鐘をつくのを禁止している寺院もあるので、事前に確認しましょう。また、参詣の帰りにつくことは「出鐘」と言われ、縁起がよくないとされています。

  4. ロウソクとお線香を焚き、身を清める
    お線香の火は口で消さずに、手であおいで消しましょう。また、他の参拝者が灯した火を使ってはいけません。

  5. 鰐口(わにぐち)をならし、お賽銭を静かに入れ、一礼する

  6. 胸の高さで手を合わせ合掌したまま祈願し、一礼する
    神社と違って柏手を打ってはいけません。

  7. 寺院を後にする際、山門の前で合掌しながら、本堂に向かって一礼する

 

自然スポットを訪れる際

自然系パワースポット

聖地と呼ばれている場所や、自然系のスポットでは、エリアがロープや柵などで規制されている場合は立ち入らないようにしましょう。(すでに他の人が入っていたりして、気付かずに踏み込んでしまうこともあります。) 

また、私有地の場合もありますので、看板や注意書きをよく読み、マナーを守りましょう。

植物の踏みつけは植生が荒れる原因になります。 草花や樹木、石なども、綺麗だからといって採ったり写真撮影にじゃまだからと折ったりせずに自然の風景として鑑賞することが大切です。
一人ひとりの行いが些細なことでも、多くの人によって長年積み重なるとダメージも蓄積されていきます。
自然や生態系は地球の長い歴史の積み重ねで作り出されたものです、破壊されると元に戻すのは大変です。
また、建物等も歴史や文化がありそれを守っている方もいることを忘れずに感謝をして訪問しましょう。

まとめ

最後に基本的なことですが、観光客や周辺住民の迷惑にならないよう大声で騒がない、場所関係なくゴミは持ち帰り、 他者への思いやりを大切にしてパワースポットに行きましょう。

縁結びのご利益がある神社

ふらっと行ける 関東の神社一覧

万葉歌碑パワースポット 東京編

無料でアカウントを作成して、パワクエを便利に使う

気になったスポットがあれば、行きたい登録、お気に入り登録して管理。
訪問記録を投稿して、自分行った感想や記録をみんなに共有しよう。

searchパワースポットを見つけよう

都道府県やフリーワードでパワースポットを検索しよう!

縁結びのご利益がある神社

ふらっと行ける 関東の神社一覧

万葉歌碑パワースポット 東京編

ページ上部へ戻る