七福神とは?見分け方や由来、ご利益を知ろう│日本の神様

date_range

「八百万(やおよろず)の神」という言葉にもあるように、私たち日本人は、古くから身の回りのありとあらゆるものに神様が宿っているという感覚を持っていました。

今でも年初めには初詣に行ったり、受験があれば学問の神様に、素敵な出会いを願う時には縁結びの神様に…というように、自然と、 そして当たり前に神様に触れて暮らしているのではないでしょうか。

今回は日本にたくさんいる神様のなかでも、馴染み深く、縁起の良い神様である「七福神」についてご紹介します。

※神様に関しての由来やご利益には諸説あります。

目次

七福神の由来、信仰はいつから始まった?

七福神は七柱の神様で構成されています。(「柱」は神様を数える時の呼び方です)
金銀財宝を積んだ宝船に乗っている七福神は富と幸せの象徴であり、大変縁起が良い神様たち。

七福神の信仰が始まったのは室町時代ですが、現在のような形で親しまれるようになったのは江戸時代からといわれています。

七福神

七福神のメンバーは、弁財天(べんざいてん)・毘沙門天(びしゃもんてん)・大黒天(だいこくてん)・恵比寿(えびす)・布袋(ほてい)・寿老人(じゅろうじん)・福禄寿(ふくろくじゅ)。

実はこの七柱の神様のうち、純粋な日本の神様は恵比寿だけといわれ、他の六柱はインドや中国など海の向こうからやってきた神様なんです。 出身地も宗教も異なる神様をひとつのグループにして信仰するのはとても稀有なことで日本ならではといえるでしょう。

ここからは、七福神の神様の名前、ご利益や由来・特徴をご紹介します。

七福神の神様のご利益や特徴

恵比寿(えびす)

七福神 恵比寿

出身:日本
ご利益:商売繁盛

由来・特徴:
七福神のなかで唯一純粋な日本の神様。伊邪那岐命(イザナギノミコト)、伊邪那美命(イザナミノミコト)の間に生まれた蛭子命(ヒルコノミコト)といわれる。
釣竿を持ち、鯛を小脇に抱えている漁業の神様。大漁をもたらすため、のちに商売繁盛のご利益をもたらす神様として信仰されるようになった。

大黒天(だいこくてん)

七福神 大黒天

出身:インド×日本
ご利益:五穀豊穣

由来・特徴:
もともとはヒンドゥー教の神様で、創造と破壊を司るシヴァ神の化身だったが、日本に伝わった時に因幡(現在の鳥取市)の白兎を救ったことで有名な日本の神様・大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)と結びつき、音読みである「だいこく」として一体化した。
米俵に乗って打ち出の小槌を振り、たくさんの福をつめた福袋を背負っている。農作物の豊作をもたらす五穀豊穣のご利益をもたらすとされている。

毘沙門天(びしゃもんてん)

七福神 毘沙門天

出身:インド
ご利益:厄除け、福徳

由来・特徴:
ルーツはヒンドゥー教の神様で、武運や財宝の神様として伝来。武運の神様として、楠木正成や上杉謙信ら戦国武将の信仰を集めた。
七福神のなかでは珍しい、兜をつけた勇ましい出で立ち。福を呼ぶだけでなく、厄除けの役割も果たす。

弁財天(べんざいてん)

七福神 弁財天

出身:インド
ご利益:音楽・芸能、学問成就、財運

由来・特徴:
七福神のなかで唯一の女神。
インドの神話にでてくる水と芸術・学問を司る神様・サラスヴァティーがモデルとされ、仏教に取り入れられたあと日本に伝来。美しい天女の姿をしており、琵琶を持っている。
広島県の厳島神社や湘南の江の島、上野の不忍池など、水と関わる場所にお祀りされている。

寿老人(じゅろうじん)

七福神 寿老人

出身:中国
ご利益:長寿延命、諸病平癒

由来・特徴:
七中国の道教の神様で、見ると寿命が延びるといわれてきた南極星の化身。長い頭と白いひげが特徴で、長命のシンボルである鹿を従えていることが多い。

福禄寿(ふくろくじゅ)

七福神 福禄寿

出身:中国
ご利益:子孫繁栄、財運招福、健康長寿

由来・特徴:
モデルにしている仙人が寿老人と同じと言われ、道教の神で、南極星の化身。長い頭と白いひげが特徴で、杖をつき、長寿の象徴である鶴や亀を従えていることもある。

布袋(ほてい)

七福神 布袋

出身:中国
ご利益:笑門来福・夫婦円満

由来・特徴:
七福神のなかで唯一実在した人物で、もともとは中国の禅僧。福々しい笑顔と太鼓腹、肩に担いでいる大きな袋が特徴。
この袋は、堪忍袋(かんにんぶくろ)といわれ、我慢の限界をあらわす「堪忍袋の緒が切れる」という言葉はここからきている。

「七福神めぐり」とは

七福神の七柱それぞれをお祀りする神社・寺院を新年にめぐり、開運を願うのが「七福神めぐり」です。

江戸時代後期から盛んになった七福神めぐりですが、江戸市内では谷中七福神がもっとも古く、次いで隅田川七福神や山手七福神が誕生したといわれます。
その後、七福神めぐりは全国に広がり、各地で七福神めぐりが親しまれています。

新年に関わらず、開催されているところもありますので、気になる方は縁起を担ぐためにパワースポットに足を運んでみてはいかがでしょうか。

無料でアカウントを作成して、パワクエを便利に使う

気になったスポットがあれば、行きたい登録、お気に入り登録して管理。
訪問記録を投稿して、自分行った感想や記録をみんなに共有しよう。

都道府県やフリーワードでパワースポットを検索しよう!

ページ上部へ戻る