江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に造られた庭園。
骨董商を営んでいた佐原鞠塢が花の咲く草花鑑賞を中心とした「民営の花園」を造り、開園した。

庶民的で文化や趣味が豊かに感じられる庭園となっており、小石川後楽園や六義園などの大名とは一味違った美しさがある。

昭和53年(1978年)に文化財保護法により、国の名勝・史跡に指定された。

都立文化財9庭園の中のひとつ。


【見どころ】
ハギのトンネル
・ハギ(9月下旬)
・百花園の名物、全長約30メートルあるトンネルが花満開になる

花の棚
・フジ(5月上旬頃)
・ミツバアケビ(4月上旬頃に黒紫色の花、10月上旬には淡紫色の実がなる)
・クズ(8月)

つる物棚
・ヒョウタン、ヘチマ、ヘビウリ(7月頃開花、8~9月にかけて実がなる)

池と水辺の花
・ハナショウブ(6月)やハンゲショウ(7月)が咲く

文人達の足跡
・松尾芭蕉の句碑をはじめ、合計29の石柱が庭園内にある


【年間行事】
七草籠(12~1月)
隅田川七福神めぐり(1月)※向島百花園は『福禄寿』
梅まつり(2月)
大輪朝顔展(7~8月)
虫ききの会(8月)
萩まつり(9月)
月見の会(中秋の名月頃)

公式サイト:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html

概要

住所

東京都墨田区東向島三丁目

拝観、営業時間等 09:00~17:00

その他

・入園は16:30まで
※ペット不可

・休園日:年末年始(12月29日~翌年1月3日まで)
※ただし、「隅田川七福神めぐり」の開催期間中は、福禄寿尊堂のエリアのみ利用可能

・隅田川七福神のスタンプ有

料金
有料

その他

【入園料】
一般 150円
65歳以上 70円
(小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料)

※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料
※無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

※年間パスポート(一般 600円)や9庭園共通年間パスポート(一般 4,000円)も有

【その他】
敷地内にある施設(御成座敷)が集会場として利用可能(3.5h 3,700円~)
※入園料とは別に利用料が必要

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

【電車】
東武スカイツリーライン
「東向島」下車 徒歩約8分

京成電鉄押上線
「京成曳舟」下車 徒歩約13分

【都営バス】
亀戸-日暮里(里22)
「百花園前」下車 徒歩約2~3分

隅田川七福神めぐり
・『寿老神』の白髭神社まで徒歩5分
・『弁財天』の長命寺まで徒歩13分
・『布袋尊』の弘福寺まで徒歩15分

自動車

駐車場なし

description訪問記録

description寄り道スポット

  • 【2019年版】紅葉を満喫できるパワースポットを紹介!~東京編~
  • 仏像の違いとは?特徴やご利益を知ろう|日本の仏様
  • 縁結びのご利益がある神社
  • ふらっと行ける 関東の神社一覧
keyboard_arrow_left keyboard_arrow_right
【2019年版】紅葉を満喫できるパワースポットを紹介!~東京編~
仏像の違いとは?特徴やご利益を知ろう|日本の仏様
縁結びのご利益がある神社
ふらっと行ける 関東の神社一覧

広告

このページをシェアする

description 同じ地域のスポット

長命寺

長命寺

  • 東京都墨田区
多聞寺

多聞寺

  • 東京都墨田区
弘福寺

弘福寺

  • 東京都墨田区
白鬚神社

白鬚神社

  • 東京都墨田区
三囲神社

三囲神社

  • 東京都墨田区
仙行寺

仙行寺

  • 東京都豊島区
稼穡稲荷神社

稼穡稲荷神社

  • 東京都品川区
荏原神社

荏原神社

  • 東京都品川区
ページ上部へ戻る