徳川幕府の老中職をつとめていた旧関宿藩主・久世大和守の下屋敷があった箇所の坂。
この辺りは、大正以降は住宅地となり、詩人であり仏文学者である堀口大学や、その父の外交官・堀口九万一も居住していた。この堀口大学と、近所に住んでいた詩人の三好達治、佐藤春夫達によって「鷺坂」という坂名がつけられた。由来は、山城国(現・京都)の久世の鷺坂からきており、文学愛好者の発案になる「昭和の坂名」として異色な坂名でとも言える。

急な勾配と昔ながらの石積みが現存し、江戸風情を色濃く残した坂として人々に親しまれていることを理由に、2008年に、都市景観賞(ふるさと景観賞)を受賞。

長さ:約70m
傾斜:急
形態:途中に鋭角の曲がり角がある坂道

概要

住所

東京都文京区小日向2丁目19と20の間

拝観、営業時間等 特になし
料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」より徒歩3分
都営バス白61「江戸川橋」バス停より徒歩3分
コミュニティバス・Bーぐる(目白台・小日向ルート)「江戸川公園」バス停より徒歩3分

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

鷺坂へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く

七福神の見分け方
縁結びのご利益がある神社
ふらっと行ける 関東の神社一覧

広告

このページをシェアする

description 同じ地域のスポット

ページ上部へ戻る