天照大神(あまてらすおおかみ)、伊邪奈岐神(いざなぎのかみ)、伊邪奈美神(いざなみのかみ)、家都御子神(けつみこのかみ)、大國主神(おおくにぬしのかみ)を御祭神におく神社。
明治29年(1896)に、和歌山県から入植した木下四郎氏が美瑛の丘の素晴らしさを後世に伝えようと、旧官幣大社熊野坐神社から「家都御子命」の御分霊を受け、大木に「小祠」を建立し、仮の社殿として祭ったのがはじまり。
北海道神宮、洞爺湖と並んで「北海道3大パワースポット」とされ、縁結びのご利益とアーティスティックな御朱印で女性の人気を集めている。

概要

住所

北海道上川郡美瑛町東町4丁目701番地23

拝観、営業時間等 特になし

その他

社務所 9:00~17:00

料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

JR美瑛駅より道北バス白金温泉行き丸山下車10分

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

美瑛神社へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く