ほっかいどうじんぐう

北海道神宮

北海道札幌市中央区宮ヶ丘474

明治2年、明治天皇の詔(みことのり=天皇のおことば)により、北海道の開拓・発展の守護神として、大国魂神・大那牟遅神・少彦名神の三柱の神々(開拓三神(かいたくさんじん)が鎮座された。
札幌に仮社殿がたてられたのち、明治4年に現在の場所に社殿が建てられ、札幌神社と社名が決定。
その後、明治天皇を増祀(ぞうし=その神社にお祀りする神様が増えること)し、社名も「北海道神宮」と改称。

概要

住所

北海道札幌市中央区宮ヶ丘474

拝観、営業時間等 特になし

その他

神門の開閉時間
元日 0:00~19:00
1月2日~3日 6:00~18:00
1月4日~7日 6:00~16:00
1月8日~2月末 7:00~16:00
3月中 7:00~17:00
4月~10月末 6:00~17:00
11月~12月末 7:00~16:00

御朱印受与の時間
1月2日~3日 6:30~閉門まで
1月4日~7日 7:00~閉門まで
通常日 9:00~閉門まで

料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

東西線円山公園駅下車から徒歩15分
JRバス神宮前停留所下車(西14・西15)から徒歩1分 

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

北海道神宮へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く