description訪問記録

都会的な神社

日本橋三井ホールで行われる高野寛30周年記念ライブを観賞しにコレド日本橋へ行きました。三棟ある商業ビルのすぐ隣に地面を完全に舗装された都会的な神社があります。金運を始め厄除け他様々なご利益がある... 続きを見る

sentiment_very_satisfied 4
都会的な神社のサムネイル

訪問記録をすべて見る

福徳神社は元来武将の信仰があつく、源義家朝臣により深く崇敬されていたと伝えられている。江戸幕府以前には太田道灌を合祀し、その兜・矢・鏃などが奉納されたと伝わっています。德川家康は、江戸に入府した天正十八年(1590)8月に初めて参詣し、その後も数度にわたって参詣している。さらに、二代将軍秀忠公は慶長十九年(1614)正月8日に参詣し、「福徳とはまことにめでたい神号である」と称賛。この時、古例の椚の皮付きの鳥居に、春の若芽の萌え出でたのをご覧になり、神社の別名を「芽吹(めぶき)神社」と名付けました。

概要

住所

東京都中央区日本橋室町2-4-14

拝観、営業時間等 特になし

その他

授与所:9時~17時(元旦のみ0時~17時)
御朱印受付:10時~15時

料金

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

JR総武快速線 新日本橋駅
東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅
A6番出口より徒歩1分

description寄り道スポット

薬祖神社

福徳神社に隣接して奥ゆかしく立っていたのが、こちらです。健康にご利益があるとのこと。薬にゆかりがあるのか寄贈された石柵には沢山の製薬会社の名前が入っていました。 続きを見る

薬祖神社のサムネイル

寄り道スポットをすべて見る

パワクエ公式インスタグラム

世界遺産検定講座

広告

このページをシェアする

※写真や訪問記録、寄り道スポットの情報は訪問された方が投稿した当時の内容でパワクエ会員の主観的なものです、最新の情報とは異なっている可能性があります。
必ず事前にご確認の上ご利用ください。

ページ上部へ戻る