ひらかわてんまんぐう

平河天満宮

東京都千代田区平河町1-7-5

1478年(文明10年)当時の江戸城主・太田道灌により創建された平河天満宮は、湯島天満宮・亀戸天満宮と並んで「江戸三大天神のひとつ」とされる。
高さ5mの大きさを持つ銅鳥居は、1844年(天保15年)に建設・奉納された千代田区内最古のもの。
「撫で牛・石牛」は、撫でることで学芸上達のご利益があるとされ、また、2つ合わさった「縁結びの梅」と言われる梅の実は、恋愛成就のご利益をもつ。
「毎月1日」「毎月25日」「毎月の午の日」など、日や季節によって、様々な御朱印がいただくことができる。
<その他:狛犬・力石・筆塚・常夜灯・百度石>
境内社:大鳥神社(おとりさん)・塩神社(生活の神)・浅間神社(せんげんさん)

概要

住所

東京都千代田区平河町1-7-5

拝観、営業時間等 09:00~16:00

その他

参拝は随時可能

料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

半蔵門線「半蔵門駅」1番出口より徒歩1分
有楽町線「麹町駅」1番出口より徒歩3分
JR中央・総武線「四ツ谷駅」麹町口より徒歩10分

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

平河天満宮へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く