えんきりえのき

縁切榎

東京都板橋区本町18−10

江戸時代に、道を挟んだ向かい側に旗本近藤藤之助の屋敷があり、その垣根に榎(えのき)と槻(つき)の古木があった。いつからか榎が「縁切榎」と呼ばれるようになり、嫁入りの際には縁が短くなることをおそれ、その下を通らないようにしたと言い伝えられている。

榎の樹皮を削り、水で煎じて願をかけた相手に飲ませると、男女の悪縁が切れる、または断酒が成就するとされ、多くの人々に信仰を集めた。
現在は、難病との縁切りや良縁を結ぶという信仰も広がっている。

概要

住所

東京都板橋区本町18−10

拝観、営業時間等 特になし
料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

都営三田線「板橋本町駅」より徒歩5分

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

縁切榎へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く