立川諏訪神社の総本社は長野県にある諏訪大社。
立川諏訪神社は、第52代嵯峨天皇が弘仁2年(811)7月27日に信州諏訪大神を勧請し鎮座したと伝えられ、1200年の伝統ある由緒正しい神社。

立川諏訪神社のご祭神は建御名方命(たけみなかたのみこと)。
勝利祈願、商売繁盛、子授かりのご利益があるとされている。

相殿として誉田別神(ほんだわけのかみ)をご祭神とする八幡神社、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)をご祭神とした稲荷神社が祀られている。
また、境内には疱瘡神社、日吉神社、金刀比羅神社、浅間神社や目の神様の祠もある。

立川諏訪神社は武勇の神として伝統を継承しており、境内にある土俵で300年ほど前から奉納相撲が行なわれてきたといわれている。
毎年8月、2日間にわたって行われる例大祭では、この奉納相撲や獅子舞、神輿宮出し・宮入りを見ることができる。

概要

住所

東京都立川市柴崎町1-5-15

拝観、営業時間等 特になし

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

JR線立川駅から徒歩10分

自動車

中央高速 国立府中ICから15分

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

立川諏訪神社 へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く

出雲大社の神様と神在月
縁結びのご利益がある神社
ふらっと行ける 関東の神社一覧

広告

このページをシェアする

description 同じ地域のスポット

ページ上部へ戻る