平安遷都とともに建立された東寺は、創建からおよそ1200年。平成6年(1994年)には世界遺産として登録されました。
この寺院を、嵯峨天皇から託された弘法大師空海は、密教の主尊(しゅそん)である大日如来を境内の中心にすえ、密教の根本道場(こんぽんどうじょう)としました。
また、造営時に弘法大師空海が住房として構えた御影堂(みえいどう)では、いまも毎日その当時と同じように、一の膳、二の膳、お茶をお出ししているそうです。

概要

住所

京都府京都市南区九条町一番地

拝観、営業時間等 05:00~17:00

その他

拝観時間:金堂、講堂は午前8時~午後5時(11月24日~12月4日までは午前8時半からとなる)

料金 無料

その他

金堂、講堂、五重塔:有料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

JR京都駅下車、徒歩15分
近鉄東寺駅下車、徒歩10分
京阪丹波橋駅で近鉄丹波橋駅乗り換え、近鉄東寺駅下車、徒歩10分
市バスの最寄り駅:東寺東門前、東寺南門前、九条大宮、東寺西門前

description訪問記録

description寄り道スポット

出雲大社の神様と神在月
縁結びのご利益がある神社
ふらっと行ける 関東の神社一覧

広告

このページをシェアする

description 同じ地域のスポット

ページ上部へ戻る