さかもとはちまんぐう

坂本八幡宮

福岡県太宰府市坂本3-14-23

御祭神:応神天皇
土地神・産土神として崇拝されている神社。

平安時代には、この地に四王寺の分家のような形で善正寺が成立していたとされる。
天台宗に属しており、その中に八幡宮として成立したのが坂本八幡宮。
戦国時代に寺院が廃れ、土地を経営する現在の坂本区の原型となる村落ができ、その村の鎮守として寺の境内にあった坂本八幡宮が再興されたと考えられる。

新元号である「令和」の由来となる万葉集の序文「梅花の歌」が詠まれた地として、注目を浴びている。

概要

住所

福岡県太宰府市坂本3-14-23

拝観、営業時間等 特になし

その他

社務所
9:00〜16:00
※月曜と木曜はお休み

料金 無料

その他

御朱印:500円

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

太宰府駅よりコミュニティーバスまほろば号「大宰府政庁跡」下車 徒歩3分

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

坂本八幡宮へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く