このスポットを保存する

行ったスポットに保存

このスポットに訪れたことがあれば「行ったスポット」に登録しましょう。

※訪問記録を投稿すると自動的に登録されます。
arrow_drop_down
arrow_drop_down

edit今すぐ訪問記録を書く

熊野那智大社は、隣の青岸渡寺と共に熊野信仰の中心地として古来より多くの参拝者が訪れる場所です。
熊野三山の一つで、2004年には世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されました。

社伝によれば、紀元前662年に神武天皇が那智の浜に上陸された時、光り輝く山を見て那智御瀧を探り当てられ、御神体としてお祀りされました。その御守護のもとに、八咫烏の導きにより天皇は無事に大和へお入りになったと記されています。
317 年に社殿を現在地に移し、主祭神「熊野夫須美大神」(イザナミノミコト)を中心に国造りに縁の深い神々をお祀りされました。

標高330mに位置する境内には八咫烏が姿を変えたと伝わる烏石や樹齢約850年の樟の御神木があります。

概要

住所

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1

拝観、営業時間等 06:00~16:00

その他

正式参拝受付は8:00〜15:30

料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

JR紀勢本線
 「紀伊勝浦駅」下車、熊野御坊南海バス那智山線(31系統)で約25分「那智山」で下車し、徒歩15分(石段あり)

自動車

大阪方面より
 紀勢自動車道「すさみ南IC」より約1時間30分

名古屋方面より
 熊野尾鷲道路「熊野大泊IC」より約1時間10分
 駐車場あり(境内近くの神社駐車場へは神社防災道路通行料800円が必要)

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

熊野那智大社へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く