みつけじま(ぐんかんじま)

見附島(軍艦島)

石川県珠洲市宝立町鵜飼

見附島は、自然が造り出した高さ約28mの無人島で、能登半島北東域の海岸から約150m離れたところに位置しています。
見附島という名は、法大師・空海が、布教のために佐渡から能登へ向かう際に、最初に発見したことが由来とされています。
また、島の形が軍艦のような形をしているところから、別名「軍艦島」とも呼ばれています。
2017年(平成29年)、県指定天然記念物及び名勝に指定されました。
※浜辺には縁結びの鐘があり、一帯の海岸は「えんむすびーち」と呼ばれ、恋人たちの聖地となっています。

概要

住所

石川県珠洲市宝立町鵜飼

拝観、営業時間等 特になし
料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

金沢駅東口より珠洲特急線に乗車し「珠洲鵜飼」下車、徒歩17分
金沢駅東口より珠洲・宇出津特急線に乗車し「南鵜飼」下車、徒歩8分

自動車

のと里山空港(能登空港)から車で40分
無料駐車場あり(200台)

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

見附島(軍艦島)へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く