護国神社は、昭和11年に「招魂社」として創建。のちに昭和14年に「沖縄県護国神社」と改称、昭和15年内務大臣指定護国神社となりました。
昭和20年の沖縄戦により戦災に遭い、境内地は学校用地として一時供用されていました。しかし、沖縄戦での戦没者をお祀りしようとの声が上がり、昭和34年に仮社殿が建立されたのち、戦後第一回春季例大祭が斎行され、昭和40年には現在の本殿、拝殿が竣功しました。
また、縁結びの絶大なご利益があるという縁結びのお守り「縁結 貝守」が人気となっています。

概要

住所

沖縄県那覇市 奥武山町 44

拝観、営業時間等 特になし
料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

沖縄都市モノレール 壺川駅 奥武山公園駅 徒歩約10分

description訪問記録

description寄り道スポット

出雲大社の神様と神在月
縁結びのご利益がある神社
ふらっと行ける 関東の神社一覧

広告

このページをシェアする

description 同じ地域のスポット

首里森御嶽

首里森御嶽

  • 沖縄県那覇市
識名宮

識名宮

  • 沖縄県那覇市
末吉宮

末吉宮

  • 沖縄県那覇市
首里城

首里城

  • 沖縄県那覇市
沖宮

沖宮

  • 沖縄県那覇市
天久宮

天久宮

  • 沖縄県那覇市
波上宮

波上宮

  • 沖縄県那覇市
護国寺

護国寺

  • 沖縄県那覇市
安里八幡宮

安里八幡宮

  • 沖縄県那覇市
ページ上部へ戻る