あさとはちまんぐう

安里八幡宮

沖縄県那覇市安里124

安里八幡宮は、1466年(明成化2年、文正元年)に第一尚氏第七代尚徳王により創建されました。御祭神を応神天皇(おうじんてんのう)、玉依姫命(たまよりひめ)、神功皇后(じんぐうこうごう)とし、琉球八社の一つで由緒ある神社です。
沖縄戦で焼失した神殿は、1993年(平成5年)復元され、現在の神社となっています。
尚徳王は、武勇に勝れた英明な王で、八幡大菩薩のお加護に感謝し安里八幡宮を建立したことから、弓矢や甲冑を秘蔵し武運を祈願するお宮として信仰を集めました。
健康、スポーツ全般の上達や勝利祈願、稽古錬成の安全祈願に加え学力向上、各種試験の合格祈願など幅広いご加護があります。

概要

住所

沖縄県那覇市安里124

拝観、営業時間等 特になし
料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

沖縄都市モノレール 安里駅 徒歩10分

description訪問記録

description寄り道スポット