日本最大級の方墳で蘇我馬子(そがのうまこ)の墓と言われている。
6世紀末〜7世紀前期の古墳と推定され、飛鳥時代を代表する古墳のひとつである。
元々は1辺約55mの方墳だったとされているが、早い時期に古墳上部の盛土が失われ、現在は巨大な石室が露出した姿となっている。

天井石の上面が広く平らで、舞台のように見えるため、『石舞台』と呼ばれるようになったと言われているが、昔、狐が女性に化けて石の上で舞を見せた話や、旅芸人がこの巨石を舞台に演じた話など、様々な説がある。
大小約30個の花崗岩が使用されており、一番大きな石で約77t、総重量は2,300tと推定されている。この石は多武峰のふもとから運んできたと伝えられており、てこや滑車などを利用して石室を完成させた。

巨大な石室は、長さ約7.7m、幅約3.5m、高さ約4.7mで、横穴式である。この石室の内部には入ることも可能で、羨道といわれる入る部分は長さ約11m、幅2.5mにも及びぶ。

概要

住所

奈良県高市郡明日香村島庄254番地

拝観、営業時間等 08:30~17:00

その他

受付は16:45まで

料金
一般:300円

その他

高校生〜小学生:100円
【団体料金(30名以上)】
一般:250円
高校生〜小学生:50円

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

近鉄「橿原神宮前」駅東口または「飛鳥」駅より奈良交通明日香周遊バス乗車
バス停「石舞台」より徒歩3分

自動車

【駐車場】
名称:国営飛鳥歴史公園石舞台地区駐車場
料金:無料
台数:普通14台、身障者用2台

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

石舞台古墳へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く

七福神の見分け方
縁結びのご利益がある神社
ふらっと行ける 関東の神社一覧

広告

このページをシェアする

description 同じ地域のスポット

ページ上部へ戻る