ぐんかんじま(はしま)

軍艦島(端島)

長崎県長崎市高島町字端島

端島は、長崎県長崎市にある、かつて海底炭坑があった島です。島の周囲はコンクリートの岸壁で、その中に高層鉄筋アパートが建ち並ぶその姿が、軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれています。

埋め立て拡張により面積6.5haという大きさになった島の半分以上は鉱場でしたが、そのほかに病院や学校・寺院・神社・派出所や映画館・理髪店などがあり、島の施設は完全な都市として機能していました。

最盛期の1960年(昭和35年)には、東京人口密度の9倍に達する5,267人が暮らしていましたが、主要エネルギーが石炭から石油へと移り、1974年(昭和49年)に閉山を迎え、当時そのままの姿で無人島となりました。

2009年(平成21年)に見学施設が整備され、上陸見学が可能となり、2015年(平成27年)に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つとして世界文化遺産に登録ています。

概要

住所

長崎県長崎市高島町字端島

拝観、営業時間等 特になし
料金
有料

その他

詳細な料金はツアー会社による

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

片道約45分

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

軍艦島(端島)へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く