あまぬまはちまんじんじゃ

天沼八幡神社

東京都杉並区天沼2-18-5

天沼八幡神社は、天正年間(1573-1591年)の創建とされ、四百有余年の間この地の「鎮守様」として鎮座し、「武運の神」として信仰されました。
主祭神に「応神天皇(誉田別命)」をお祀りし、明治40年四面道にあった「市杵島姫命(弁天さま)」を合祀されたことで、安産の神・水神としても信仰されています。
境内社には「大鳥神社」があり、毎年11月の酉の日には「酉の市」が開催され、商売繁盛・家運隆昌の開運熊手守等を授与しています。
また、境内には杉並区の保護樹木(約30本)、他約100本の樹木が「鎮守の森」を形成し、都会のオアシスとなっています。

概要

住所

東京都杉並区天沼2-18-5

拝観、営業時間等 特になし
料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

JR中央線、総武線(緩行)、地下鉄東西線、地下鉄丸の内線
「荻窪駅」北口より徒歩6分

自動車

駐車場有
※社殿西側より入場

description訪問記録

訪問記録はまだ投稿されていません。

このスポットを訪れたら、雰囲気や行った感想、ご利益情報などを記録に残そう。
他のユーザーが投稿を見て、訪問の参考にすることができます。

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

天沼八幡神社へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く