泉涌寺は、真言宗泉涌寺派総本山の寺院で、本尊は釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来の三世仏。
建保6年(1218)に、月輪大師・俊芿が開山したのち、造営時に寺地の一角から清水が涌き出たことにより泉涌寺と改めた。この泉は今も枯れることなく涌き続けている。
境内には歴代天皇・皇族の陵墓があり、皇室の菩提寺として「御寺(みてら)」とも呼ばれている。

また、泉涌寺の大門は、国の重要文化財に指定されている。

概要

住所

京都府京都市東山区泉涌寺山内町27

拝観、営業時間等 09:00~17:00

その他

12月1日~2月末日:午前9時~午後4時30分

料金
有料

その他

伽藍拝観:大人 500円 、子供(中学生以下) 300円
特別拝観:大人 300円 、小学生以下で同伴者がいる場合に限り 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

JR京都駅(八条口)から、タクシーで約5分
JR京都駅(烏丸口)から、市バス(208)にて泉涌寺道下車、徒歩7分
京阪電車七条駅から市バス(208)にて泉涌寺道下車、徒歩7分
京阪電車祇園四条駅から市バス(207)にて泉涌寺道下車、徒歩7分
京阪電車東福寺駅から徒歩10分
阪急電車河原町駅下車、四条河原町バス停から市バス(207)にて泉涌寺道下車、徒歩7分

description訪問記録

description寄り道スポット

出雲大社の神様と神在月
縁結びのご利益がある神社
ふらっと行ける 関東の神社一覧

広告

このページをシェアする

description 同じ地域のスポット

ページ上部へ戻る