ずいりゅうじ

瑞龍寺

富山県高岡市関本町35

瑞龍寺は、国宝に指定されている曹洞宗の寺院で、加賀藩二代藩主・前田利長公の菩提を弔うため三代藩主利常公によって1614年(慶長19年)に建立されました。
加賀百二十万石の財力を如実に示すような壮大な伽藍(がらん)配置様式の建造物で、伽藍の造営には約20年の歳月を要したといいます。
1997年(平成9年)に山門、仏殿、法堂が国宝に指定。また総門、禅堂、大庫裏、大茶堂、回廊三棟は、重要文化財として指定されています。
季節ごとにライトアップイベントも行われて、国宝の山門が幻想的に浮かび上がります。
※「伽藍」:寺院の建築物の総称

概要

住所

富山県高岡市関本町35

拝観、営業時間等 09:00~16:30

その他

※冬季期間:12/10~1/31(16:00閉門)

料金
有料

その他

【料金】※団体:30名以上
大人   500円(団体:400円)
中・高生 200円(団体:150円)
小学生  100円(団体:70円)

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

あいの風とやま鉄道「高岡駅」から徒歩10分
JR「新高岡駅」から徒歩15分(タクシーで5分)

自動車

能越自動車道 高岡ICから 約 10分
北陸自動車道・小杉ICから 約 15分
無料駐車場有

description訪問記録

訪問記録はまだ投稿されていません。

このスポットを訪れたら、雰囲気や行った感想、ご利益情報などを記録に残そう。
他のユーザーが投稿を見て、訪問の参考にすることができます。

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

瑞龍寺へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く