歴史の古い尾瀬国立公園は、1934年(昭和9年)に日光国立公園の一部として指定されました。その後、2007年(平成19年)に尾瀬地域が分割され、会津駒ヶ岳・田代山・帝釈山など周辺地域を編入して、29番目の国立公園として指定されました。
日本の「自然保護の原点」とも言える尾瀬は、森林環境だけでなく水辺環境など、多くの人々の努力によって、現在も貴重な自然が保たれています。
湿原生態系としてその価値が評価され、2005年(平成17年)にはラムサール条約湿地に登録されました。
公園内には、尾瀬ヶ原や尾瀬沼などに木道が整備されており、四季折々の花々や山の風景を見ながらハイキングが楽しめます。

概要

住所

群馬県利根郡片品村

拝観、営業時間等 特になし
料金
有料

その他

御池駐車場から沼山峠まで、バスで片道大人520円、子供260円
御池駐車場:普通車1回1000円

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

会津鉄道 会津高原尾瀬口駅 下車
 会津バス:尾瀬急行バス 尾瀬沼山峠行き 2710円
(運行季節や時間に注意)

自動車

東北自動車道 西那須野塩原IC から御池駐車場まで約2時間

description訪問記録

description寄り道スポット