内金城御嶽(うちかなぐすくうたき)は沖縄独特の信仰形式を備えた御嶽で、東側に大嶽、西側に小嶽があり、市指定有形民俗文化財です。
鬼となった兄を妹が退治するという「鬼餅伝説」の発祥の地で、鬼が退治されたその日(旧暦12月8日)は、厄祓いの日として鬼餅を作って食べる風習があります。
また内金城嶽境内にある、推定200年以上とされているアカギの大木が5本自生しており、戦火を耐え抜いた神木となっています。

概要

住所

沖縄県那覇市首里金城町3

拝観、営業時間等 特になし
料金 無料

周辺マップ

アクセス

自動車

那覇空港より車で約40分
近所に公共駐車場と金城ダム駐車場があります。

description訪問記録

description寄り道スポット

出雲大社の神様と神在月
縁結びのご利益がある神社
ふらっと行ける 関東の神社一覧

広告

このページをシェアする

description 同じ地域のスポット

識名宮

識名宮

  • 沖縄県那覇市
沖縄県護国神社

沖縄県護国神社

  • 沖縄県那覇市
末吉宮

末吉宮

  • 沖縄県那覇市
安里八幡宮

安里八幡宮

  • 沖縄県那覇市
護国寺

護国寺

  • 沖縄県那覇市
首里森御嶽

首里森御嶽

  • 沖縄県那覇市
首里城

首里城

  • 沖縄県那覇市
波上宮

波上宮

  • 沖縄県那覇市
天久宮

天久宮

  • 沖縄県那覇市
沖宮

沖宮

  • 沖縄県那覇市
ページ上部へ戻る