おしのはっかい

忍野八海

山梨県南都留郡忍野村忍草

富士山の雪解け水が地下の溶岩の間で約20年の歳月をかけてろ過され、湧水となって8か所の泉となってできたのが「忍野八海」。
国指定の天然記念物、名水百選に指定。県の新富嶽百景に選定されている。
富士信仰の古跡霊場や富士道者の禊ぎの場の歴史や伝説、 富士山域を背景とした風致の優れた水景を保有しており、富士山の世界遺産構成資産の一部としても認定されている。

忍野八海
・出口池(デグチイケ):一つだけ離れた場所にあ流、最も大きな霊水の池
・お釜池(オカマイケ):最も小さな池で、バイカモが揺れ動く景色や水深の青さを観賞できる
・底抜池(ソコナシイケ):洗物が消えると云う伝説のある池  ※「はんの木林資料館」の敷地内なので入館料300円が必要
・銚子池(チョウシイケ):縁結びの池と伝えられている
・湧池(ワクイケ):湧水量も豊富で、揺れ動く水面や深い水底の景観が美しく忍野八海を代表する池
・濁池(ニゴリイケ):一杯の水を断り濁ったといわれる池
・鏡池(カガミイケ):水面に富士山を映す池
・菖蒲池(ショウブイケ):菖蒲にまつわる美しい伝説が残る池

概要

住所

山梨県南都留郡忍野村忍草

拝観、営業時間等 特になし

その他

一部を除き24時間営業
はんの木林資料館:9:00~17:00

料金
一部有料

その他

はんの木林資料館:入館料300円

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

新大阪駅/名古屋駅から新幹線に乗車し、三島駅下車(所要時間約150分/90分)
三島駅から高速バスに乗車し、御殿場駅下車(所要時間約50分)
御殿場駅から「路線バス[河口湖方面行き]」に乗車し、「忍野八海」バス停下車(所要時間約50分)

自動車

西宮I.C.からより
・西宮I.C.から名神高速道路にて小牧I.C. (所要時間約140分)
・小牧I.C.から東名高速道路にて御殿場I.C. (所要時間約186分)
・御殿場I.C.から国道138号線経由で忍野村 (所要時間約45分)

名古屋I.C.より
・名古屋I.C.から東名高速道路にて小牧I.C. (所要時間約14分)
・小牧I.C.から中央自動車道にて河口湖I.C. (所要時間約225分)
・河口湖I.C.から忍野村 (所要時間約20分)

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

忍野八海へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く