かわごえひかわじんじゃ

川越氷川神社

埼玉県川越市宮下町2-11-3

川越氷川神社は今から約1500年前の欽明天皇2年に創建されたと伝えられています。
主祭神は素盞嗚尊(すさのおのみこと)、他脚摩乳命(あしなづちのみこと)と 手摩乳命(てなづちのみこと)の夫婦神様。さらにその娘であり、素盞嗚尊の妃神でもある奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)や、素盞嗚尊と奇稲田姫命のご子孫ともお子様ともいわれる大己貴命(おおなむちのみこと)の五柱の神々がお祀りされています。神々がご家族であることから、「家族円満の神さま」「夫婦円満・縁結びの神様」として信仰されています。
現在の本殿には緻密な彫刻が施されており、県の重要文化財となっています。

概要

住所

埼玉県川越市宮下町2-11-3

拝観、営業時間等 特になし
料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

JR川越駅・東武東上線川越駅・西武新宿線本川越駅から下記のバス乗車
東武バス「川越氷川神社」下車徒歩0分
東武バス「喜多町」下車徒歩5分
小江戸巡回バス「氷川神社前」下車徒歩0分

自動車

駐車場有

description訪問記録

description寄り道スポット