鎌倉大仏の名で親しまれている高徳院の本尊、国宝銅造阿弥陀如来坐像は1252(建長四)年から10年前後の歳月をかけて造立されたとみられています。制作には、僧浄光が勧進した浄財が当てられたとも伝えられています。鋳工として丹治久友、大野五郎右衛門の名を記す資料もあるが、原型作者も含め、創建に関わる事情の多くは謎に包まれています。
大仏殿は台風や大津波のため損壊し、「露坐の大仏」になりました。

概要

住所

神奈川県鎌倉市長谷4丁目2番28号

拝観、営業時間等 特になし

その他

8:00~最終入場17:15
(10月~3月は最終入場16:45)

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

江ノ島電鉄 長谷駅下車 徒歩7分

description訪問記録

description寄り道スポット

出雲大社の神様と神在月
縁結びのご利益がある神社
ふらっと行ける 関東の神社一覧

広告

このページをシェアする

description 同じ地域のスポット

ページ上部へ戻る