かっぱばし

河童橋

長野県松本市安曇上高地

標高約1500mの上高地のシンボルともいえる河童橋は、梓川にかかる全長37m、幅3.1m、長さ36.6mの吊り橋。橋の上からは梓川の清流や穂高連峰や焼岳を見ることができ、絶好の写真撮影スポットにもなっています。

最初の橋がいつ架けられたかは不明ですが、1910年(明治43年)に跳ね橋から吊り橋となりました。その後4回架け替えられ、現在の橋は5代目となります。

名前の由来には諸説あり、「その昔、ここに河童が住んでいそうな深い淵があったから」または「まだ橋のなかった時代、衣類を頭に乗せて川を渡った人々が河童に似ていたから」だともいわれています。
芥川龍之介が1927年(昭和2年)に発表した小説『河童』のなかに、上高地や河童橋を登場させたことで、その名が広く知られるようになりました。

概要

住所

長野県松本市安曇上高地

拝観、営業時間等 特になし

その他

営業時間:4月下旬~11月15日

料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

アルピコ交通上高地線「新島々駅」下車
路線バスへ乗り換えて60分「上高地バスターミナル」下車 徒歩5分

自動車

駐車場有

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

河童橋へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く