おおたぐろこうえん

大田黒公園

東京都杉並区荻窪3丁目33番12号

大田黒公園は、音楽評論家の大田黒元雄氏の屋敷跡地を杉並区が日本庭園を整備して、昭和56年10月1日に開園。
この公園の約30%に当たる土地を「公園にしてほしい」との大田黒氏のご遺志により、ご遺族が杉並区に寄付され、公園化されました。
園内には70mにわたって生い茂る、樹齢100年を超えるイチョウ並木を始めとして、ケヤキ、アカマツ、シイノキなどの巨木も多くみられます。
また、大田黒氏の仕事場であった洋館は当時としては珍しい西洋風の建築物で、現在は記念館として公開されています。

概要

住所

東京都杉並区荻窪3丁目33番12号

拝観、営業時間等 09:00~17:00

その他

入園は16:30まで
※年末年始(12月29日から1日1日まで)は休業日

料金 無料

周辺マップ

アクセス

公共交通機関

JR・東京メトロ丸の内線 荻窪駅南口から徒歩10分

自動車

駐車場なし
駐輪場は正門向って右側

description訪問記録

description寄り道スポット

寄り道スポットはまだ投稿されていません

大田黒公園へ行く途中や帰りに寄れる、グルメや観光スポットなどおすすめの場所を教えてください!

edit 寄り道スポットを書く